現在の就活はどのようなものか

社会人の方々は今までに、一度は就活を体験したことはあると思います。しかしながら、今回の就活は大学生が行う就活に着目して述べていきたいと思います。それではまず考えていってもらいたいことは、良い大学に入れれば良い就職先は見つかるのでしょうか。それは以前までならイエスという答えが返ってきていたかもしれません。しかしながら最近では答えとしてはNOです。例え良い大学を卒業したとしても就職さえできない人も存在しているのです。それは良い大学で優秀な人材ならば需要は多いですがね。ただ単に大学のネームバリューにばかり頼ってばかりの就職活動では現在は通用しなくなってきています。この事は、特定非営利活動法人全国検定振興機構(全検)が公開しているPDF資料(※別枠表示)を見ると、わかると思います。今は良い大学を出たからといっても、必ずしも就職できる時代ではないのです。
それではどのような学生が求められているのかというととにかく積極的で意欲的な学生だということが出来ます。この事項については確実ですね。しっかり行動を起こした就活をしましょう。

ラクすぎたバイト面接

今年の2月の話。大学は長い長い春休みに突入。せっかく2ヶ月もあるのだから、だらだらと過ごすのではなくバイトをして遊ぶお金を稼ごう!と私は短期のバイトを探すことにしました。でもバイト探しって以外と面倒くさい。こまめに求人情報をチェックしなければならないのも、たかが一ヶ月のバイトのためにわざわざ何十分もかけて面接を受けに行くのも面倒くさい。私はダメ元で、彼氏の会社でバイトを募集していないか聞いてみました。社員数人の小さな事業所。きっとダメだろうなぁと思っていると、思わぬ返事が。「○日に面接でいい?」えっ、もうそんなところまで話進んでるの!?部長が私のバイトの話を快く引き受けてくれたらしく、数日後には彼氏がいる面接に行くことに。とても緊張して行ったのですが、そのバイト面接はものの数分で終わりました。「○○君の知り合いという事なら問題ないですね。」というような感じ。ラクすぎて驚きました。

Yahoo! JAPAN

Contents